白髪染めのメカニズムについて

 

白髪

 

白髪染めする場合には、ヘアーカラーとヘアーマニュキュアという方法があります。

 

ヘアーカラーでの白髪染めは、髪の毛を一度脱色して、色を内部まで染み込ませますので、染めた後、長持ちし、色も艶も良いという性質があります。

 

それに比較して、ヘアーマニュキュアの場合は、髪の毛の外側だけに色をコーティングするので、ヘアーカラーに比べ色持ちは短いのです。

 

このようなメカニズムについて考えた場合、白髪染をする場合、一度脱色し、髪の内部まで色を浸透させると言う方法でのヘアーカラーは色持ちや発色も良い代わりに、髪の毛へのダメージも多いと言うリスクも伴います。

 

それに比べヘアーマニュキュアの場合は髪の毛の内部には色が浸透しないため髪へのダメージは少ないのです。

 

 

どちらの方法を選ぶべきかは、染める人の事情に寄りますが、初めて白髪染めを使用する方やあるいは、髪の毛が傷んでいたりする方など、または妊婦の方や、頭皮にアレルギーがある方であれば、ヘアーマニュキュアをおすすめします。

 

また、ヘアーカラーをする場合でも、する前には必ず、パッチテストをしてから染めることが必要です。

 

また、美容院で染める場合と自分で染める場合では、どう違うかといえば、市販の白髪染めは、簡単に染まりやすくなっているので、強い薬剤が配合されています。
美容院では、ひとりひとりの髪質に合った薬剤を調合し、髪全体と根元の部分では薬剤の入れ方も違うので、髪へのダメージは軽減されるのです。