白髪染めをする前に調べておきたいこと

 

本当にきれいに自宅で白髪を染められる?

 

髪はいたまないかしら?肌のかぶれはないだろうか?

 

と白髪染めには、案外注意点も必要なのです。

 

早い人で30代前半からと白髪染めにお世話になる時期は案外と、そう遠くの話ではありません。

 

 

では、白髪染めをする前に調べておきたいこととはどんなことでしょうか。

 

白髪染めにはいくつかの形状や用途によって種類があるのでご紹介しましょう。

 

まず、ヘアカラークリームタイプです。

生え際の白髪や部分染めに適しています。しっかりと白髪にカラーが入るものが多いです。

 

ヘアカラー乳液・液状ジェルタイプ

スピーディーに髪全体にいきわたり、全体的に白髪のある方や頭部の隠れた場所に白髪がある方におススメです。

 

ヘアカラー泡・フォームタイプ

乳液・液状タイプ同様に、白髪が髪全体にある方にお勧めですが、さらに手軽にヘアスタイリングをしている感覚で
白髪染めができるのが特徴です。また、小分けにできたりと保存できるものもあります。

 

ヘアマネキュアタイプ

髪を表面から染めるヘアマネキュアタイプは、以上ご紹介したヘアカラーほどの持続性はありませんが、
刺激が少なく、皮膚アレルギーのテストもありません。リンス代わりに使用するタイプのものが多いですが、
近頃は特に技術発達し、ヘアマネキュアに要する時間もすくなく、持続性もずいぶんと長くなっています。

 

白髪染めを選ぶ基準は、ヘア自体のダメージの状態によって、ヘアカラータイプかヘアマネキュアタイプかとわかれます。まずは、自分白髪がどのような状況にあるのか把握し、自分にあったタイプのものを選びましょう。