自分に合った白髪染めを選ぶときの比較ポイント

 

白髪染めは肌に直接触れるものですので刺激が少ないものが良いです。

 

薬品の嫌な臭いがなく素手でも触れることができる製品だと安心して使うことができます。白髪染めトリートメントだと髪に負担をかけることなくツルツルになるので使いやすいです。市販の白髪染めと比較するとヘアキャップや手袋などの準備物がほとんどいらないため面倒でなく、美容室へ行くより安価に済ませることが出来るのがポイントです。

 

刺激臭がするどころかいい匂いがするものもありますので白髪染めを楽しく行うことができます。

 

 

即効性は市販の白髪染めのほうが強いのですが、ゆっくりと自然な髪色に染めることが出来るのがポイントです。

 

白髪の量に応じて脱色作用のあるものとないものを使い分けることが一番です。ヘアマニキュアのものは脱色作用がなく、髪の表面と内側に入り込みます。黒髪では発色が分かりにくいので白髪の量が多い人だと効果を発揮します。

 

頭皮にダメージが少なく、色合いが豊富なのがヘアマニキュアの特徴です。男性用と女性用と色見や風合いが分かれているため自分に合ったものを選ぶことができます。

 

白髪を染める前に放置時間や室温などきれいに染まるポイントを確認しておくことが重要です。

 

一般的には軟毛の人は染まりやすく、硬毛の人は染まりにくいという特性があります。

 

明るめと暗めの色によっては髪の特性によって使い分けることできれいに染まることができます。自分の髪や頭皮を大切にするためにも刺激が少ない白髪染めを選ぶことが重要です。"